トイレットペーパーが教えてくれた”「愛」を受けとる” ということ。

  • すぐに役立つ自分への質問

トイレットペーパーが教えてくれた”「愛」を受けとる” ということ。

 

今年も残すところ、あと9日。

 

今年は皆さまにとってどんな年でしたでしょうか?

 

RealWorldはこの1年は漢字一文字で表すと「脱」。

 

いろんな意味で”脱皮”の年だったのではないかと私個人的に感じております。
(話すとながくなりそうなので、また改めて・・・)

 

さて、今日はクリスマス🎄も近いことから?

 

「愛」を受けとるということについての話

 

をしたいと思います。

 

それを教えてくれたのは、なんと

トイレットペーパーだったと言うちょっと不思議なお話です。

 

トイレットペーパーから「愛」?

 

「なんじゃそれ?」

 

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

 

トイレットペーパーから私は人生において大切なことを教えて頂きました。

 

本題に入る前に、なんでトイレットペーパーなのか、その経緯を少しお話させて下さい。

 

私が以前から続けていた習慣の1つに

 

トイレットペーパーを三角▽に折る

 

というのがあります。

 

次の方がペーパーをとりやすいように、▽に折っている、これ👇です。

 

今は衛生上の問題で話題となり、控えておりますが、

 

私がそれを習慣にしようと思ったきっかけは、

 

10年前に、ある友人の家に泊まりに行かせてもらった時のことです。

 

トイレに入ると、トイレットペーパーがキレイに▽に折られていました。

 

これまでは全く気にも止めていませんでしたが、

 

「次の人のために・・・」と友人が折ったそのトイレットペーパーをみて、その「想い」に何だか心がほっこりしたのです。

 

私は、その友人に、

 

「何でトイレットペーパーを▽に折っているの?」

 

と聞くと、

 

次にトイレに入った人が少しでも良い気持ちになったり、嬉しい気持ちになってほしいから。

 

(私のように)ちょっとでも嬉しい気持ちになった人が増えていったら、

 

ほんの些細な事だけど、その小さな想いが連鎖していって、世界は今よりも平和になるんじゃないかって思うんよね。

 

友人のその想いがなんだかとってもココロにささりました。

 

その出来事以来、私もトイレットペーパーを▽に折るのを始めました。

 

私は友人みたいに世界平和を願って続けているわけではありませんでしたが、

 

ペーパーを▽折ることで、本当にたくさんのことを教わりました。

 

トイレットペーパーを▽に折るという行動から、

 

自分の思考の癖や今の自分の心の状態がどんどん見えてくるのです。

 

(面白いぐらいに。)

 

その中でも私にとって大きな気づきだったのは、

 

トイレットペーパーを▽に折ることを習慣にしていると、

 

私がトイレに入ると▽に折られているペーパーに出会う率が高くなりました。

 

例えば、2つトイレットペーパーがあると、

 

片方は▽に折られていて、

もう片方は折られていない。

 

皆さんだったら、どちらのトイレットペーパーを取りますか?

 

以前の私は、この場合、必ず▽に折られていない方をとっていました。

 

その理由は、

 

せっかく片方は▽に折られているのに、

 

そっちを私がとってしまうのは次の人に対してなんだか勿体無い気がしていたからです。

 

そんな理由で2つある内の▽に折られていない方をとり、また次の人のために▽に折る。

 

それを続けていました。

(男性の方はわかりずらい部分があるかもしれませんね💦)

 

そんな行動を繰り返しているうちに、

 

ある日、ふと思いました。

 

「これ、今の私そのものだ」と。

 

次の人のために私はペーパーを▽に折り続ける。

次の人のために私は▽に折られているペーパーは残しておく。

 

この行為から、

 

人のためにと自分のことは後回し。

時には無理してしまう・・・

 

人のためにと言いながら、自分の気持ちは置き去りになっていき、不満やさみしさなどが溜まっていく。

 

そして、次第に「私は人にためにやっている!私だって、こんなにやっている!!」

 

と心が被害者になっていく。

 

自分の心が満たされていないのに、人のためにやってるという言葉の錯覚が自分をどんどん犠牲にしていく。

 

「人のために・・・」なんてかっこいいこと言っていないで、まずは自分の心の状態に気づいてあげること。

 

自分の心を満たすこと にもしっかりとフォーカスを向けてあげること。

 

そのバランスが大切 なんじゃないのかなと気づかされました。

 

▽に折ることにフォーカスしすぎるあまり、

 

本来の目的を見失っていることに気づかされた私は、

 

▽に折られているペーパーを次の人のために、残しておくのではなく、

 

まずは「ありがとう」という気持ちで、使わせて頂き、

 

そして、ほっこりとした気持ちで、また次の人に繋げていく。

 

それを意識していくと、

 

与えられたもの(愛)を受け取ることで、気持ちが穏やかになり、

 

「▽に折らなければ・・・」ではなく、自然と「▽に折りたい」という気持ちに変わりました。

 

「人のために・この人のために・・・」という言葉は、時に、自分の心の声を押し殺してしまうこともあります。

 

・最近、なんだかイライラしてしまう

・心がワクワクしない

・なんで私だけ・・・とネガティブに感じてしまう

 

このように感じてしまう方は、

もしかすると、

 

自分の心が置き去りになっていたり、

自分に無理をさせていたり、

頭で考えてしまっていたり、

 

無意識でそのような状態になっているのかもしれません。

 

もしそんなときは、

 

「愛」を受けとることに意識してみることで、

ほんの些細なことかもしれませんが、

 

実はあなたの身の回りに、たくさんの愛が与えられていることに気づくかもしれません。

 

その愛を一つずつ受け取ってみてはいかがでしょうか?

 

ポイントは「愛」を探すのではなく、

もうすでにあなたの周りにある「愛」に目を向けること

 

年末の忙しい時期ですが、そんな時期だからこそ、少し意識してみて頂けたらと思います。

 

今日も長文を読んで下さり、ありがとうございました。

 

素敵なクリスマスをお過ごしください🎄✨

 

昨日は弊社の忘年会でした🍺

笑いあり、涙あり、踊りあり⁉の感動的な時間をありがとうございました♪

自分ダイヤモンド通信メールマガジン

メールマガジンをご購読いただいた方に「価値ある自分に出会う20の質問」をよりわかりやすく解説した“動画教材”を無料でプレゼントしております。

あわせて読みたい関連コラム