誰かと一緒だと疲れてしまう、そんなあなたへ。

  • すぐに役立つ自分への質問

誰かと一緒だと疲れてしまう、そんなあなたへ。

 

こんにちは。

 

女性の”自分らしさ”をサポート、おすぎです。

 

日差しも柔らかくなり、

日に日に秋らしくなってきていますね。

 

年末に向けて

忙しくなる頃ではないでしょうか。

 

やることがいっぱいあったり、

考えることがいっぱいあったり、

 

休んでいられないのに、

 

「何かしんどい」

「疲れがとれない」

 

このように頭では、頑張りたいのに、

体と気持ちがついていかない・・・

 

そのように感じておられる方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方にむけて、今日は、

 

心の疲れを簡単に、軽くする方法

 

を、お伝えいたします。

 

このコラムを最後まで読んでいただくと、

 

疲れを溜めない自分になることができます。

 

では、早速、参りましょう!

 

あなたの疲れは、どっち?

 

体の疲れは、適度な運動、睡眠等で楽になりますが、

 

心の疲れはそんなわけにはいかず、

少し厄介だったりします。

 

ここまで読み、少しでもなんか引っかかるなと思われた方。

 

こう思う事って、あなたはありませんか?

 

・予定が入ると、憂鬱になる

・プライベートな予定が終わって帰宅すると、ホッとする

 

楽しいはずの予定も何故か憂鬱に感じたり、

 

楽しいはずの時間も何故か疲れてしまったり…

 

いかがでしょうか?

 

以前の私は、全て当てはまります。

 

予定が入ると、

どうやって断ろうかと考えたりしますが、

 

断る良い案もなく、仕方なく、当日を迎えます。

 

友達と遊んでいる時は、

楽しむというより

 

「早く終わらないかな」と常に思っていました。

 

こういうことが積み重なり、

 

体の疲れというよりも、なんか心がおもーい感じ・・・。

 

なぜ、これが起こるのか?

 

それは、自分らしく生きていないのが疲れの大部分を占める原因なのです。

 

もっと言うならば、

自分の本心に蓋をして分からない状態。

 

私の本心は、

ほんとは一人が好きで、一人でいたいのに、

 

●人付き合いをしていない自分はダメだっていう思い込みがあったり、

 

●誘いを断ると、友達に嫌な想いをさせてしまうんじゃないかと思ったり、

 

●一人は寂しい人と思われるという思い込みだったり、

 

とにかくいろんな思い込みがあり、

 

本当は一人が好きなのに、その自分を否定したり、改善しようとしていたのです。

 

そして、本心とは違う行動をし、

感じる違和感に、仕方ないと片付けていく度に、

 

心の疲れが溜まっていったのです。

 

もし、誰かと一緒だと疲れてしまったり、

楽しめないという方は、

 

私のような思い込みが、あなたを疲れさせてしまっているのかもしれません。

 

こんな私ですが、

 

今は誰かと一緒にいても疲れる事はありません。

さらに、今を楽しもうと思えます。

 

そんな私が、やっている疲れを軽減するための、ちょっとしたコツを今日は、ご紹介したいと思います。

 

その方法とは、とっても簡単!

 

”自分を褒めてあげて1日を終える”

 

以上!

 

種も仕掛けありません。

ただこれだけなんです。

 

でも、これがとっても大切‼

 

帰宅したら、

 

「私は今日もよく頑張った」

 

と自分に言って、

 

自分の肩を2回ポンポンと優しく叩いてあげてみて下さい。

 

私たちの脳は、最後に言った言葉やその感情が記憶に残りやすいと言われています。

 

“疲れた”で終わると、次の日も疲れた状態が残りやすいのです。

 

自分を褒めて、良い状態で一日を終える

 

それが、疲労を溜めないためのコツなのです。

 

体力がなくて疲れているのではなく、

 

心が疲れている時には、

 

自分を癒すことが一番効果的です。

 

1日の終わりに

自分を癒す時間を作ってみてください。

 

継続することで、

少しづつ、毎日の心の疲れが減っていきますよ(^-^)

自分ダイヤモンド通信メールマガジン

メールマガジンをご購読いただいた方に「価値ある自分に出会う20の質問」をよりわかりやすく解説した“動画教材”を無料でプレゼントしております。

あわせて読みたい関連コラム