スーパーマリオから学ぶ目標達成スキルの新常識!?ポイントはスーパースター☆

  • レポート

 

スーパーマリオから学ぶ目標達成スキルの新常識!?

 

こんにちは!

 

いつもコラムを見てくださり、ありがとうございます!

 

産婦人科医の宮川です。

 

あっという間に今年も上半期が終わり、もう9月ですね。

 

皆さんはこの上半期はどのように過ごされましたか?

 

私はこの時期になると、決まってブルーな気持ちになります。

 

その理由は、

 

「お正月に立てた目標が達成できていないということ」

 

ダイエットを決意したけど結果が出ていない。

習い事を続けようと思っても、続いていない。

仕事でやろうとしたことができていない。

 

そして、下半期もバタバタして一年過ぎてしまう。。。

 

しかし、今年の私は違います!!

 

例えば、

 

人材不足で困っていた自分の会社に優秀な社員を1名リクルートしたり、

 

夢だったNYでの家族旅行でヘリコプターに乗ったり、

 

女性のためのサニタリーショーツの開発に向けて動いたり・・・

 

前の自分では考えられないような成果を出すことができるようになっています。

 

その理由は

 

長期・中期・短期目標を立て、

その目標を立てた目的を明確にして、

プランを立て、

実行に移す・・・

 

という本などで言われている、これらの目標達成に必要だと言われるポイントを実践しているから・・・

 

ではありません!

 

私が意識していることはただ一つ!

 

それは、

 

「ラッキースターをとったスーパーマリオ脳」

 

になることです。

 

敵が現れても、吹っ飛ばしながら進んで行くような、つまり無敵な状態の自分のことを表しています。

 

確かに、目標を達成するためには

 

目標を立て、目的を明確にし、プランを立てるのは大切な要素ですが、

 

「どんな自分」で目標に向けて進むのか

 

この「どんな自分が・・・」 が、目標達成において、とっても重要な要素になります。

 

以前の私は

 

ダイエットしよう!

 

と言う目標を立てても、

 

以前ダイエットを失敗している自分がいるので、

 

ダイエットをしようと目標を立てても

 

心の奥底では

 

「どうせ以前も失敗してるし、また痩せないんじゃないか」

 

とか、

 

「今の太っている自分がダメだから痩せなければならない」

 

と根底に自己否定 が入っていたり

 

ダイエットすること=「キツイ」「大変」「我慢」といったネガティブな感情 がありました。

 

常に、ネガティブスイッチON の状態であったため、

 

このネガティブな感情が行動を止め、痩せない結果を引き起こしていたんです。

 

では、ラッキースターをとったスーパーマリオ脳だったら

 

脳内が、ポジティブスイッチONの状態 を言い、

 

その状態であると、ダイエットにおいて、楽しくて行動が止まらない状態になるので、

 

結果的に”痩せた”という現実が入ってきます。

 

つまり、自分がどんな心の状態であるかで、望む結果が変わってくるという事です。

 

脳の原理原則である

 

出来事⇒感情⇒行動⇒結果

 

ネガティブな状態のときはネガティブな結果をもたらす

 

ポジティブな状態のときはポジティブな結果をもたらす

 

この脳の原理原則を踏まえ、

 

まずは自分の脳内状態をポジティブな状態 にしていくことが目標達成のカギ と言えます。

 

そうは言っても

 

「ネガティブをポジティブに変えたら成果が出る」

 

そんなことわかっているよ!って、思われる方もいらっしゃると思います。

 

私もそう思っていました。

 

でも、ネガティブ思考がしみついている私の脳はなかなかポジティブな状態にできない。

 

しかし、この自分ダイヤモンドプログラムでは、

 

簡単な身体の使い方や言葉の使い方、イメージを使いながら

 

自分で脳内をポジティブな状態に創っていきます。

 

つまり、顕在意識の意識を変え、

 

潜在意識を徹底的にポジティブな状態にしてしまうプログラムなので、

 

このポイントをやっていくだけで、潜在能力が引き出された状態、

 

つまりスーパーマリオがスターを取った時のような状態になります。

 

先日の応用編12セッション2では、この目標達成プログラムのレクチャーが行われ、

 

参加者の皆さんは、早速、難しいと思っていた仕事での成果がでたり、

彼氏ができたりと嬉しい結果ができおります。

 

もちろん私も・・・!(^^)

 

 

またご報告させていただきます!